他団体の練習を見学して

2019.12.02 Monday 13:55 [-]

おはようございます!ソプラノ1年の姜(キョウ)です!


最近、段々寒くなってきて、鍋が恋しい季節になりました。雨の日が多いせいか、ひどい風邪を引いてしまいました。みなさんもビタミンCをいっぱい摂って、風邪予防をしっかりしましょう。


さて、本題になります。

11月24日に、当団OBOGの方が多数在籍しているコアクライス・バッハナールさんの練習を見学させていただきました!


いらない情報なんですけど、実は、私は社交不安症があって、学校と部活以外は引きこもり状態が続いています。コミュ力がまじで「ゼロ」ですので、自分も信じられないぐらい緊張しました(;▽;)


しかし、実際に行ってみると、とても暖かくて、家に帰った感じがしました...みんな...優しい...ありがとうございます...(泣

今回は「バッハ:マタイ受難曲」の練習を見学しました。この曲は合唱が2組に分けて配置されます。


No.41で、ユダの後悔に対して、大祭司は「我々に何の関係があるのか?自分で始末しろ!」と答えた段落が1番好きでした!特に合唱が2組に分けているので、表現力がさらに高まり、圧迫感がすごかったです。みなさんの声から動揺しない信念が感じられます!


カッコイイ!!!!


と心の中で叫んでいました(笑


バッハは神の栄光について曲を書きましたが、その内容には喜び、絶望、同情、罪悪感など、いろんな感情を含んでいます。やはり人間味のあるところはバッハの良さだと...個人的に信じてます!!!だってバッハはロックですもん!


そして、今回の見学でドイツ曲が好きになりました。ドイツ語の独特な発音にもハマってますが、やはり曲の雰囲気が最高です!変な例えですが、暗いところで座っている血まみれの人の、冷たくも輝いている目のようです。ドイツ曲を歌いたいな...( )


今回の見学で1番感じたのは、合唱は人数が多いと勢いが違うということです!今の少人数でも勢いが落とさないように頑張らないと!そして、来年新歓も頑張りましょう〜


かわいい後輩が欲しいーー!

| - | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

この記事にコメントする










この記事のトラックバックURL

トラックバック機能は終了しました。